ウォークインクローゼットのデメリット

広い面積が必要になる

ウォークインクローゼットは、収納スペースと人が歩く通路を確保しないといけないため、広い面積が必要です。したがって、狭小住宅や物が少ない場合は、収納スペースとしてウォークインクローゼットを設置することは不向きであると考えられます。また、ウォークインクローゼットを設置したことで、部屋数が少なくなってしまうと、家族一人ひとりに部屋を確保したいと考えた時に、部屋数が足りなくなってしまいます。部屋を新たに作るためにはリフォームをする必要があるため、想定外の出費となってしまうでしょう。ウォークインクローゼットは収納力があり便利ですが、居住スペースの広さや家族構成など様々なことを考えた上で、設置するか判断することをおすすめします。

整理整頓が必要になる

ウォークインクローゼットは収納力がある分、物を多く入れることができます。物をたくさん収納できるということは、整理整頓ができなければ物が溢れかえってしまうことになります。物が溢れかえれば、どこに何が収納されているか分からず、物を使いたい時にもすぐに取り出すことができないでしょう。また、人が歩くスペースにまで物を置いてしまうと奥まで進めなくなり、手前に収納してあるものだけしか取り出せなくなります。ウォークインクローゼットは、物を入れるだけではなく出すことも必要です。不要なものを捨てたり売ったりすることができ、かつ、整理整頓ができる方ではないとウォークインクローゼットを上手く活用することは難しいでしょう。

新築一戸建ての良さは、完成したばかりの新しい家に住めることです。しばらくの間はリフォームの必要がないというメリットもあります。