ウォークインクローゼットの魅力

高い収納力と便利な動線

注文住宅を建てる際に、人が歩いて入れるサイズのウォークインクローゼットを設けることには、多くのメリットがあります。まず、ウォークインクローゼットは通常のクローゼットと比較して高い収納力がのぞめるため、洋服や小物などだけではなく、使用頻度の低い季節家電や客用布団などの大きめのものをしまうことが可能です。そのため、部屋に出しっぱなしのものが少なくなり、必然的に家の中がすっきりと片付いて生活感のないモデルハウスのような空間を作り出せます。

また、ウォークインクローゼットの設置場所を工夫することで廊下から居室などへの通り抜けができるようになり、家の中を移動する時の便利な導線となるのも魅力です。朝の忙しい時間帯や帰宅後の動きもスムーズになり、ストレス軽減にもつながります。

家事の負担を減らせる

ウォークインクローゼットを設けることで、家事の負担を減らすことができるメリットもあります。例えば、夏物や冬物など年間を通して着る全ての衣類を1箇所にまとめて収納できるので、季節ごとの衣替えの必要がありません。収納力をいかして家族全員の衣類を同じ場所に置いておけば、それぞれの部屋に運搬する時間も節約できるので便利です。 そのほかにも、ウォークインクローゼットを中心に回遊できる間取りにすると、家事動線が一気に短縮されて、家事が楽になったことを実感できます。ウォークインクローゼットを洗濯室とつながる場所に設置した上で、中に作業台を置いておけば、洗濯物を運んだり整理する手間が一気に少なくなり、毎日のわずらわしい作業から解放されるでしょう。

建売住宅は、既に完成しているのですぐに住めるのがメリットです。住宅設備も新しいものが備え付いていて、デザイン面も機能面も充実しています。