タンクレストイレの魅力

トイレ空間が広くなる

注文住宅では、タンクレストイレを指定することができることが多いですが、そのタンクレストイレの大きな魅力は、トイレ空間が広くなることです。タンク付きのトイレだと、奥行きおよそ30cm程度のタンクを壁面に設置し、その前に便器を置かなければなりません。そのため、ただでさえ狭く作られることが多いトイレの部屋を、より圧迫してしまいます。それに対してタンクレストイレであれば、タンクのことを考えずに済むため、壁面近くにそのまま便器を設置できます。したがって、実質的に30cm程度、使えるスペースが増えるというわけです。

また、サイズの大きなトイレタンクは、見た目でも圧迫感を抱くことが多いです。その圧迫感で、実際よりも狭く感じる恐れがあります。そこで、タンクレストイレを選択しておくと、見た目がスッキリすることによって、トイレ空間を広く感じやすいです。

掃除のしやすさと節水効果

タンクレストイレは、掃除がしやすいのも魅力です。タンクが付いているトイレだと、特にタンクの下部分、便器の裏側の掃除が疎かになりがちです。光が届かないので汚れが見えにくく、タンクが邪魔で掃除の手が届かないからです。その点タンクレストイレであれば、邪魔なタンクがないので掃除がしやすいです。裏側までしっかりときれいにすることが可能で、快適なトイレ空間を実現できます。

また、タンクレストイレは、タンクからの勢いのある水流を使用することができません。そのため、勢いの少ない水でも効率的に流し切れるように、様々な工夫が施されています。その工夫によって、流すために必要となる水の量が少なく済みます。したがって、節水効果も期待できます。

マンションと比べると購入金額が高額になり易い一戸建てですが、独立性が高い事もあり、自由自在にリフォーム出来ます。駐車場も設けやすい為、車を持つ人にとってメリットがあります。