設計する際の注意点

スペースを取りすぎないこと

ウォークインクローゼットは室内をすっきりと見せるには便利なものですが、設置するにあたってはいくつかの点に注意しなければなりません。例えば、建物に十分なスペースがないにもかかわらず、無理にウォークインクローゼットを設けてしまうと、それによって居住スペースが圧迫されてしまってかえって暮らしにくい家になってしまいかねません。室内のスペースに余裕があるのであれば良いのですが、そうでない場合にはあえてウォークインタイプではない通常のクローゼットにするのも選択肢の一つです。建物の設計にあたっては、絶対にウォークインクローゼットを設けなければならないというわけではないということを頭に入れておくようにしましょう。

何を収納するかを考えておくこと

ウォークインクローゼットを設置する場合には、どういったものをそこに収納するのかをあらかじめ考えておくことが重要です。というのも、収納するものやその分量によって必要となる広さが変わってくるからです。例えば、衣類のほかに寝具などもしまえるようにしたいというのであれば、比較的広いスペースが必要になるでしょう。一方、コートなどのアウターを中心に収納できれば良いのであれば、そこまでの広さは必要ないかもしれませんし、場所も寝室の横ではなく玄関の近くに設けた方が便利かもしれません。なお、将来的に家族構成が変われば、それによって収納するものも変化する可能性もあるため、そういった点も考慮してウォークインクローゼットの設計を行うようにしましょう。